当院の診療について
床矯正について

歯を抜かない矯正治療 床矯正

歯を抜かない矯正治療 床矯正 矯正治療は、虫歯の治療と同様に歯並びの異常の早期発見・早期治療が重要です。

傷つけられた歯・抜かれた歯は、元には戻りません。そして、機能の低下が起こります。
できるだけ歯を保存する姿勢が大切だと思います。当院ではこれに基づいて治療しますので、非抜歯による治療を大前提としています。

歯並びがおかしい!と思ったときが治療のタイミングです!
歯並びの治療も、虫歯の治療と同様に歯並びの異常の早期発見・早期治療により、簡単に治せるケースが多く、また子供たちの負担も少ないです。
しかし、歯並びの異常を放置するとますます悪くなり、治すのに手間がかかるようになります。
お子様の歯並びが少しでも気にかかる方は、まずはご来院ください。

歯並びが悪くる原因と生活習慣について

歯並びが悪くなる原因の多くは、アゴの成長不足により歯が生える場所が足りないことがほとんどです。
アゴの成長には、正しい食生活や頬づえをつくなどの生活の悪習慣をただすことが重要です。

食生活について

顔の成長は、正しい食事の環境による発育刺激が重要です。
下記のことに思い当たるようなことがあれば、まずはそれを改善することをおすすめします。

日常生活における悪習慣について

下記のような生活習慣は歯並びや顔の成長に悪影響をあたえます。しかし、生活習慣はなかなか改善されるものではありません。現在では悪習慣を防止するための様々な器具もございますので、下記に思い当たることがありましたら、お気軽にご相談ください。

床矯正治療のメリット・治療方法

床矯正治療とは、あごを拡げて歯を並べる『保存』の立場に基づく、歯を抜かない治療方法です。

床矯正のメリット

床矯正治療方法

装置は、入れ歯によく似た装置で、幼児でも簡単に取り扱いができます。
基本的には一方向しか移動できないので、顎を拡げる装置、歯を押し出す装置といくつかの装置を組み合わせて治療します。
治療開始時期が早ければ早いほど治療が早期に終了します。
床矯正の治療は、装置の数で設定されています。
早期の治療開始ならば一装置で治療は終了します。
様子を見ていて、症状が複雑になれば、いくつもの装置が必要になり、治療費用もかかります。

上顎が小さいから歯が並べません。顎は写真のように痛くなく、拡がります。 歯が並ぶのに必要な正しい大きさに顎を拡げなければ歯を抜かずに矯正ができます。

床矯正研究会: http://www.esprit.or.jp

床矯正治療の期間

床矯正は患者さんの頑張りにより治療期間を早くすることができます。当院では、より治療期間を短縮できるよう患者様をサポートさせていただきます。

4~5才から始めた子
6才までに治療を終えることができるよう患者様をサポートさせていただきます。

6~9才から始めた子
10才までに治療を終えることができるよう患者様をサポートさせていただきます。

10才~14才(女子)、14才(男子)から始めた子
顎の成長の期間が減っていきますので、出来るだけ早く治すことが目標です。この時期に始めた場合は固定式装置を使うケースが多くなります。その場合の治療の目安は3~4年です。

14才(女子)、17才(男子)以上から始めた子
顎の成長はすでに終わっています。2~3年で治療が終わるよう患者様をサポートさせていただきます。