当院の診療について
インプラントについて

インプラントとは?

インプラントでもう一度、美味しい食事を取り戻してみませんか?

インプラントとは? 入れ歯は失われた歯の代わりに歯ぐきから上の部分だけを人工歯で補うものです。インプラントは歯が無くなった部分の歯槽骨に人口の歯根を埋め込み、それを土台にしてクラウンやブリッジを装着する治療法です。

手術が必要なので、時間も他の治療に比べて長くなり費用も高めです。しかし、自分の歯のように違和感なく噛め、見た目もとても自然です。

歯周病はむし歯と違い、痛みなどの自覚症状が出にくく、気付かずに歯科医院に行かないうちに手遅れになってしまうことも少なくありません。早期発見のためにも定期健診に行きましょう。

1.審査と治療計画

まず十分な診査をさせていただいたうえで、インプラント治療が可能かどうか判断します。治療が可能であれば、失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法にはさまざまな選択肢があります。
歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者さんに無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。治療方法・期間・費用などさまざまな面に関して、詳しい説明を十分に行います。

歯科用CTを用いた正確な診査

歯科用CTの撮影画像を用いることにより、インプラントを埋入する部位の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)を正確かつ短時間で把握することができるため、無理のない治療計画を立案し、安全かつ安心な治療を行うことが可能です。

歯科用CTの詳細はこちら»

インプラント治療への利用

2.一次手術

局部麻酔のもと、顎の骨にチタン製の人口歯根(インプラント)を埋入します。

3.治癒期間

一次手術後、3~6力月の治癒期間をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合します。これを、「オッセオインテグレーション」といいます。この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。

4.二次手術

歯ぐきを開いて、インプラントにアバットメントを取り付け、人工の歯を取り付ける準備をします。この状態で、歯ぐきが治るまで1~6週間おきます。

5.人工歯の作成と装着

歯ぐきが治った時点で、人工の歯を作ります。形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。

メインテナンスと定期健診

インプラントはむし歯にはなりませんが、細菌感染には弱いため、自分の歯以上のていねいなプラークコントロールが必要になります。半年に1回程度は定期健診を受けていただき、インプラントや人工の歯の状態、噛み合わせを確認します。