スマートフォン版はこちら

メタルフリー治療について|さいたま市 北浦和 歯科 歯医者 しみデン

さいたま市北浦和 歯科医院 歯医者 | しみずデンタルクリニック

メタルフリー治療について

HOME > メタルフリー治療について

メタルフリーとは

メタルフリーなら金属アレルギーの心配がありません。

ここのところ、テレビや新聞で歯科金属アレルギーのリスクが報じられています。歯科金属アレルギーとは、歯科治療で歯に入れた金属が、唾液などの影響で少しずつ溶け出し体内に入ることによって生じるアレルギー反応です。

保険による治療の場合、歯を削った後の詰め物や被せ物には、主に金属(銀パラジウム)を使用します。自費の治療でも、メタルボンドはセラミックの内側に金属の土台を使用しています。しかし近年、ジルコニアという強度に優れたセラミック素材の使用が普及し、ジルコニアを土台にしたジルコボンドという治療も可能となりました。

当院は、アレルギーをお持ちの患者様にとってより身体に優しい治療法として、金属をまったく使用しないメタルフリー治療に力を入れています。
メタルフリー治療

メタルフリー歯科治療のメリット

メタルフリー治療であれば、詰め物・被せ物に金属を使用せずに済みます。金属アレルギーをお持ちの方だけでなく、将来的にもアレルギー発症リスクを軽減することができます。

天然歯のような美しさもセラミックの特長です

審美性を考えた場合も、金属の詰め物・被せ物と比較し、セラミックは天然歯と限りなく近い見た目にすることができます。よく噛める、よく話せるといった、機能面や耐久性にも優れている点もメリットのひとつといえます。

しみずデンタルクリニックで使用するメタルフリー素材

強度に優れ、金属に代わるセラミック「ジルコニア」

当院では、セラミック素材の中でも最も強度のあるジルコニアを使用しています。ジルコニアは人工ダイヤモンドと呼ばれるほど硬い素材で、金属のように腐食することもないため、耐久性にとても優れています。また、真っ白な素材であるジルコニアが土台であれば、メタルボンドの金属の土台のように外側のセラミックの透明感に影響しないため、天然歯に近い自然な色合いを再現できます。

メタルボンドの場合、歯茎が下がってくると金属の土台が見えてしまうことがありますが、ジルコニアの場合は目立つことがありません。経年劣化による変色もほとんどなく、汚れもつきにくいので、むし歯や歯周病になりにくいというメリットもあります。

ご納得のいく治療法を自由にお選びください

メタルフリー治療はどのような方でも行うことができます。

メリットの多い治療法なので積極的にお選びいただきたい思いではありますが、メタルフリー治療は自由診療となり、保険と比べてどうしても高額になってしまいます。治療に対する考え方はひとそれぞれ。当院では必ず、すべての患者様に対して、保険診療による金属を使った治療法と、自由診療によるメタルフリーの治療など、それぞれのメリット・デメリットをご説明したうえで、納得のいく治療法をお選びいただくようにしています。

安全性、耐久性、審美性、そして費用面などを含めて、何を優先するかを決めるのは患者様ご自身ですので、分からないことや不安なことがありましたら、小さなことでも遠慮なくご質問ください。

納得のいく治療法

治療した歯を長く健康に保つために

虫歯、歯周病の再発を防ぐメインテナンスが大切です。

治療をした場所を少しでも長持ちさせると同時に、それ以上の虫歯や歯周病をできるだけ予防したいというのは、私たち歯科医師と患者様共通の思いです。

治療の際は、ぴったりと合った隙間の少ない詰め物や被せ物を作り、できるだけ強度の高い接着剤を使うことで、少しでも長持ちをするようにしています。そして、セラミックと歯の境目などから虫歯にならないよう、定期的なメンテナンスを行います。虫歯や歯周病のリスクは人によって異なりますので、3〜6ヵ月ごとにクリーニングなどのメンテナンスをお勧めしています。

ページの先頭へ
Copyright (c) Shimizu dental clinic .All Rights Reserved.