スマートフォン版はこちら

歯周病について|さいたま市 北浦和 歯科 歯医者 しみデン

さいたま市北浦和 歯科医院 歯医者 | しみずデンタルクリニック

歯周病について

HOME > 歯周病について

歯周病とは?

成人の歯を失う原因の約半数は歯周病です。

歯周病は、歯を支えている周りの組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が歯周病菌によって破壊されていく感染症で、治療をせずに放っておくと歯が揺れて噛めなくなり、最後には抜けてしまうこともあるこわい病気です。

歯肉(歯ぐき)と歯の間にはポケットという1mmくらいのすき間があります。歯みがきを怠るとこのポケットにプラークがたまります。たまったプラークが歯石をつくり、すき間を押し広げていきます。これを積み重ねることで歯肉が炎症を起こします。歯肉の炎症を放置しておくと症状はますます悪化していきます。

歯周病はむし歯と違い、痛みなどの自覚症状が出にくく、気付かずに歯科医院に行かないうちに手遅れになってしまうことも少なくありません。早期発見のためにも定期健診に行きましょう。

  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • ブラッシング時に出血する。
  • 口臭が気になる。
  • 歯肉がむずがゆい、痛い。
  • 歯肉が赤く腫れている。 (健康的な歯肉はピンク色でひきしまっている)
  • かたい物が噛みにくい。
  • 最近歯が長くなったような気がする。
  • 昔に比べて歯と歯の間にものがはさまりやすくなった。

このような症状がある方は、一度診療にいらしてください。

歯周病の治療

基本治療

この療法は、ほとんどの歯周病に対する基本的な治療法です。

ポケットの深さを測定し、スケーラーと呼ばれる器具などを使い、歯垢、歯石の除去を行います。(スケーリング&ルートプレーニング、ブラッシング)スケーリングは歯の表面や根の表面の歯垢歯石を取り除くことです。

ルートプレーニングは根の表面がざらざらしたり、歯石で満たされていたり、毒素や微生物で汚染された表層をきれいにすることです。 このことにより、歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(2mm〜3mm)維持されればメインテナンスに移行します。

口腔内のクリーニング

内科治療

歯周内科治療は位相差顕微鏡で、お口の中に感染している細菌・真菌・原虫などを特定し、動画管理システムに記録しそれらの微生物に感受性の ある薬剤を選択し、微生物叢を非常に綺麗な状態に改善することで歯周病を内科的に治す治療方法です。

治療前の非常に汚れた微生物叢が治療後は非常に短期間で綺麗に改善し、術前・術後の状態が一目瞭然に画像で示されるという利点があります。

位相差顕微鏡

国際歯周内科学研究会 : http://www.isimp.jp

外科治療

基本治療でポケットの深さが改善されず、ポケット内で細菌が生息し、ブラッシングでは除去できない状態や、歯周病の状態の進行が進んでしまった状態に対しては外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。
また特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる手術を行う場合もあります。 手術はそれぞれの病態にあった方法で行います。ポケットが改善されればメインテナンスに移行します。


歯周病のメインテナンス

歯周病は非常に再発しやすい病気です。そのため 定期的な検査と予防処置を行うことが必要です。
歯周病のチェックと専門家による歯垢、歯石の除去などのクリーニングを行うことが重要です。

治療が終了した後は、3〜4ヶ月ごとの定期検診をお勧めします。

歯周病 治療前・治療後の画像

※位相差顕微鏡でみたお口の状態

治療前のお口の状態

治療後のお口の状態

※口腔内写真でみたお口の状態

歯周病:治療前画像

治療前のお口の状態

歯周病:治療後画像

治療後のお口の状態


ページの先頭へ
Copyright (c) Shimizu dental clinic .All Rights Reserved.